基礎化粧品でしっかり肌ケア~50代の悩みを解消~

ファンデーション

ダメージを軽減します

スキンケア

機能性で選ばないことです

敏感肌の場合、いかに肌によりダメージを与えないようにクレンジングするかが大切となります。特にその中でも重要というべきなのが商品選びです。汚れを落とす機能を重視すると、化学物質がたくさん入っているケースが多いです。また、オイルタイプのものは肌によりダメージを与えやすいとされています。逆にクリームやミルクタイプのクレンジングは一般的に汚れが落ちにくい分肌へのダメージが少ないとされています。ちなみにクレンジングの時点で完全に汚れを落とさなくても洗顔で落ちればそちらの方が肌によいとされています。そのため、クレンジングは機能性で選ばないこと、より刺激のすくないタイプのクレンジングを選ぶことがここでは大事となります。ただ、現に敏感肌用はクリームやミルクタイプのものが多いです。

落ちやすさがポイントです

敏感肌クレンジングの場合、化学物質があまり使えない分、天然のホホバオイルやオリーブオイルなどでクレンジング機能をカバーしているケースもあります。しかし、一般的な商品よりクレンジング機能が落ちるのは避けられません。このようなケースの場合、落ちやすいメイクをすると敏感肌クレンジングでも落ちやすくなることが挙げられます。落ちやすいメイクの特徴としてはお湯で簡単に落とせるもの、パウダーやペンシルものなどが挙げられます。これらは一般的にリキッドタイプよりは肌へのダメージも少ないとされており、まさに一石二鳥と言えます。また、できればこれに加え、濃すぎないメイクも心がけると敏感肌クレンジングでも落ちやすくなります。